• ホーム
  • バストアップに効果のある食事・栄養って一体何?

バストアップに効果のある食事・栄養って一体何?

2019年09月17日
セクシーな女性

バストアップにはツボ押しも効果的ですが、食事も当然大事です。
バストアップに最も大事な食事としては、女性ホルモンのような動きをするイソフラボンが含まれた食材を使って取ることが大事でしょう。
おすすめは和食で、特にみそ汁や納豆、豆腐に含まれる大豆イソフラボンは女性にとって重要な成分です。
大豆イソフラボンは過剰に摂取するとやはり健康被害がありますが、一日三食をすべて和食にして豆腐や納豆などをおかずにするくらいであれば健康に問題はありません。
また、豆乳を一日に200ml程度取るのも健康的です。
次に、ある程度のタンパク質です。
バストも体の一部ですので、体を作るためのたんぱく質を取ることは欠かせません。
植物性タンパク質であれば大豆に含まれているのでみそ汁や納豆などを食べればよいのです。
また、できるだけ肉や魚、卵などを意識的にとるようにしましょう。

タンパク質に含まれるアミノ酸なども健康的ですので、ぜひ意識的にとりたいところです。
鶏肉や牛乳に多く含まれているので、健康的な食事を意識しましょう。

ただ、アミノ酸については貝類に多く含まれるオルニチンなど特殊な栄養素もありますので、健康的に栄養を取るためにはバランスよく様々なものを食べるのが一番です。
出来るだけ多くの食材を取り入れたり、健康的な栄養バランスを意識しておきましょう。

また、ボロンという成分も実はバストアップに効果があるとされています。
ボロンは女性ホルモンであるエストロゲンを増やし、活性化させてくれるのです。
ブドウや海藻類、キャベツなどに含まれています。
また、ナッツ類に含まれているので、手軽に摂取をしたければフルーツを生で食べるとか、ナッツをおやつにするなどの方法が良いでしょう。
その他にも、ビタミンであればビタミンEが効果的です。
抗酸化物質であり美肌にも効果的とされていますので、野菜類、特に色の濃い野菜を意識的に摂取しましょう。

特殊な食品としては豆乳や貝類などがありますが、基本的に和食を中心にして、ビタミン・ミネラルのバランスを意識しながら摂取しておくのが一番でしょう。
和食は特に脂質が少なく大豆イソフラボンが多いため、バストアップを意識する女性にはおすすめです。
キャベツ・鶏肉・卵・豆乳・牛乳など、意識したい食材を積極的にとることも大事なポイントとなります。
ミネラルなどを健康食品で補うのも方法ですが、やはり一番に気をつけるのは食事となるでしょう。